• プライバシーポリシー

    個人情報保護方針
    当校は、当校が業務上使用する当校の在校生・卒業生、教職員、
    その他関係者の個人情報について、個人情報保護に関する法令及びその他の規範を遵守し、かつ国際的な動向にも配慮して自主的なルール及び態勢を確立し、
    以下の通り個人情報保護方針を定め、これを実行し維持することを宣言致します。
    1. 当校は、この宣言を実行するために、「学校法人リリー文化学園 文化デザイナー学院個人情報保護規定」を定め、当校従業者(管理者、教員、職員、パートタイマー、派遣労働者、委託契約に基づき施設内で業務を行う者等を含む)、その他関係者に周知徹底させて実行し、改善・維持してまいります。
    . 当校は、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えいなどを防止するため、
    「セキュリティ管理計画」(セキュリティポリシー)を立案し、不正アクセス対策、コンピュータウイルス対策等の情報セキュリティ対策を講じます。
    . 当校は、個人情報の入手にあたり、適法かつ公正な手段によって行い、
    不正な方法により入手しないことはもちろん、個人情報の主体である本人に対して利用目的等について明示し、必要事項を学内掲示、当校インターネットホームページに公表します。
    . 当校は、本人から個人情報を直接入手することを原則としています。
    . 当校は、情報主体(個人情報の本人)が自己の個人情報について、
    開示、訂正、使用停止、消去等の権利を有していることを確認し、情報主体からのこれらの要求に対して応じます。
    ただし、教育活動に与える影響、法的義務履行等のために応じられない場合もあります。
    . 当校は、個人情報を第三者との間で共同利用したり、
    業務を委託するために個人情報を第三者に預託する場合、当該第三者について調査し必要な契約を締結し、その他法令上必要な措置を講じます。
    具体的な個人情報収集、取り扱いのため以下の原則を定めます。

    ◆個人情報利用原則
    個人情報の利用は、収集目的の範囲内で、具体的な業務に応じ権限を与えられた者のみが、
    業務の遂行上必要な限りにおいて行うものとします。
    ◆禁止事項
    個人情報を第三者に提供することを原則として禁止します。
    個人情報の目的外利用、通常の利用場所からの持ち出し、外部への送信等の個人情報の漏えい行為をいたしません。
    当校従業者は、業務上知り得た個人情報の内容をみだりに第三者に知らせ、
    又は不当な目的に使用してはなりません。その業務に係る職を退いた後も、同様とし必要な措置を講じます。
    次に示す内容を含む個人情報の収集、利用又は提供を行いません。
    ただし、在校生の生活指導等のために必要な場合はこの限りでありません。
    (1)
    思想、信条及び宗教に関する事項
    (2)
    人種、民族、門地、本籍地(所在都道府県に関する情報を除く)、
    犯罪歴、その他社会的差別の原因となる事項
    (3)
    集団示威行為への参加、請願権の行使及びその他の政治的権利の行使に関する事項


    平成25年4月





    学校法人リリー文化学園
    理事長 大久保 博之