何を学ぶの?ファッションコーディネート学科

講師&OB・OGインタビュー

飯村 信子イメージ

ファッションコーディネート学科 講師

PROFESSIONAL voice
飯村 信子(いいむらのぶこ)
インテリアデザイナー

ファッションの分野は人気もあり華やかな世界ではありますが、しっかりとした知識が必要です。

近年は、ブランディング力を大切にしてお客様のハートをつかむことが主流となっています。 常に新しい情報は必要ですが、最も重要なことはそのベースとなるコーディネート力です。 お客様は常に良いものを求めています。 それを提案できることが何よりも大切なことでしょう。


REAL voice
 

小沼 しのぶ
ファッションショッププランナー
HEART MARKET 店長

学生時代からファッションが好きで、好きがそのまま仕事になりました。 ファッションが好きでこの業界に入りましたが、店舗のディスプレイやビジュアルの部分も自分で手作りしています。 お店のイメージは、まず自分で感じること。商品のバランスと客層とお店のイメージの関係を、自分の中でいかに感じるかがポイントになってくると思います。 陳列(商品を並べること)については、自分の中で「客層」をイメージし、わかりやすさをベースにエリアに分けて考えることを心がけています。 これからも、お客様の笑顔を目指して頑張っていきます。 イオンモール土浦にお越しの際は、ぜひHEART MARKETにお立ち寄りくださいませ!

 

青木 唯
ショップコーディネーター(販売企画・促進)
メイプルファーム 本店

私はファッションが大好きで、自分で作ってしまう事も多々あります。 高校3年生の進路決定時は大学と専門学校で迷っていましたが、やりたい事を仕事にできるBUNKAに進学して良かったと思っています。 今の仕事は常に新しい商品と出会え、それをお客様におすすめする事がなにより楽しいです。また、商品選定は専門のバイヤーが行いますが、 ニーズのある商品を仕入れるための相談にのったり、お店のPRを任されてデザイン系の仕事もしています。 例えばPOP、ポスター、DMを作り、お客様に楽しんでお買い物してもらう工夫を考えています。お客様は敏感です。 商品、お店、スタッフ全てにおいて、センスの悪い所には集まりません。魅力ある商品、素敵なディスプレイ、気持ちの良い接客術が重要となります。 好きな職場でやりたい事を一生懸命やれるように、これからも楽しんで仕事をしていきたいと思います。