何を学ぶの?ファッションコーディネート学科

ファッションコーディネート学科のシラバス

年次 授業科目 内容 前期 後期
1 ファッションビジネス知識 ファッションのビジネス・生活・消費・産業構造・マーケティング・マーチャンダイジング・流通・販売・基礎知識・キャリアプランについて学ぶ
ファッションブランドT ファッションブランドを分析しトレンドにおける知識の引き出しを増やす。MAP制作を中心に行う。
ファッションラインナップ ファッションの基礎的なアイテムを網羅し構成する要素を体系的に学ぶ。組合せや構成によって印象が変わる事を学ぶ。
ファッションコーディネート ファッション流通・販売促進に不可欠とされるスタイリング。基本的な知識や技術を学び実際のスタイリングへと応用する。
ソーイング(手縫い) ファッションの制作技術を身に付け、商品知識・商品企画における基礎を身に付ける。  
ラッピングコーディネート 商品に合わせたり、ラッピングの種類で意味を持たせる事を学び、ラッピングコーディネーターの資格取得を目指す。
コンピュータワーク オフィスのエクセルとワードを中心に、コンピュータ技術を身に付け、ファッションショップビジネスシーンの即戦力の幅を広げる。
カラーコーディネート 色彩・明度・彩度など色の特性を理解し、生活空間に活かされる方法を学ぶ。  
ファッションクロッキー 書く事のトレーニング。フリーハンドから自分自身の表現へと繋がる描写の楽しさを知り表現する能力を身に付ける。
テキスタイル 素材の知識の特性を学び商品企画やコーディネート接客に繋がる知識を養います。素材に触れファッションの中でどの様に活かされるかを学びます。  
ネイルデザイン ベースとなる正しいネイルケアと美しさを際立たせるネイルアートの発想とその具体的な手法を学びます。  
ファッション造形知識 ファッションの文化・デザイン文化・コーディネーション・商品知識・デザイン・エンジニアリング・パターンメーキングについて学ぶ。  
ファッションクリエイトT(手縫い) 美的感性と個性の開発も兼ねた構成演習によって人体との関係の中でのファッションに応用展開します。  
POPデザイン お店で使われるPOPの特徴・性質を理解し、様々な道具の活用方法を習得する。  
カラーコーディネート特講 カラーコーディネーターの資格取得を目指す。資格取得対応の授業内容となっている。  
ファッション史 ファッションは時代の最先端にあるアート・若者の音楽・そして映像表現などから影響を受け変化してきた。その移り変わりを学ぶ。  
アクセサリーデザイン 実際にアクセサリーを制作する事により、ショップに売られているアクセサリーを理解して販売する事を目指す。  
キャリアデザインT 自己のアイデンティティを再確認し、将来の専門分野での適正を考える。
2 小売業の類型 流通経路・形態・チェーンストアの基本的な役割、商業集積の仕組みを理解する。  
メイク 基本を踏まえた上で個性的な感性を身に付け顔をキャンバスに幅広い技術を学びます。
スタイリストワーク(和装着付) ファッション雑誌などで活躍するスタイリストの業務を理解して現場で求められる能力・知識・技術を学びます。
ファッションブランドU 様々なトレンドにおける知識の引き出しを増やし、時代に合わせたトレンドポイントを明らかにする。
デジタルデザイン Adobeのイラストレーターとフォトショップを使い店舗ブランディングに活きる、仕事に役出すデジタルデザインの知識を修得する。
ディスプレイデザイン ショップの商品の特長を活かし、飾れる技術を身に付ける為に実際の模型やプレゼンボードを制作し、実際にディスプレイデザインヲ制作する。
ファッションデザイン画 パターンを意識し服の構造を把握した表現方法、素材の特徴を生かす表現テクニックでデザインイメージを表現する事を身に付ける。
ファッション応用(ミシン) ファッションの制作技術応用。基礎的な技術をマスターし、それぞれの考えでファッション制作が出来るプロセスを学ぶ。  
マーチャンダイジング 商品/マーチャンダイジングの基本。商品計画/利益追求の基本知識。  
ストアオペレーション ディスプレイデザイン/作業割り当て/人的販売の基本的役割。  
アクセサリーデザイン 実際にアクセサリーを制作する事により、ショップに売られているアクセサリーを理解して販売する事を目指す。
ビジュアルマーチャンダイジング ショップを始め流通の場で商品の販売促進を目的として行われる商空間演出を講義と実習を通して学びます。  
ファッションクリエイトU(ミシン) より深くファッションの仕組みを理解できるよう、制作を通してファッションへのアプローチ・研究を行う。  
キャリアデザインU 社会の中でのアイデンティティを再発見し、将来の専門分野の進路への手がかりを得る。
3 マーケティング 顧客管理/販売促進/商品の設定と出店/売場づくりの基本的考え方。  
販売・経営管理 基本業務/法令知識/事務と計数管理/人間関係/店舗管理の役割。  
ファッションショップ管理T 店舗をプロデュースする事を軸に、構成のバランスと損益などの数字を理解する。管理に重要な収支をトータル的に学ぶ。   
ブライダル&フラワー フラワーアレンジメント・フラワーコーディネートを実務に沿って実習する。また、理論的に学び現場で扱う事が出来る知識・技術を身に付ける。
ファッションブランディング ファッションブランドの成り立ちやどんな企業が存在するかを把握する。またブランディングについて研究する。
ファッションイベント ファッション業界には様々なイベントがある。シーズンに合わせてのイベントは企業にとっては重要な仕事である。そのイベントの役割と進め方を学ぶ。  
ショップデザイン研究 ショップデザインコンセプトの研究。ショップを運営する為に必要なディスプレイデザインやショップコーディネートを戦略的に提案できる力を身に付ける。  
ファッションメディアデザイン ファッションを取り巻く情報は溢れている。メディア(WEB)に合わせて情報を編集・デザインする能力とそれを発信できる一歩進んだ販売方法を学ぶ。
写真表現 運営の中で写真で表現するものは多い。写真撮影の技術を求められると共に写真を使用した表現技術も求められる。
サービス接遇 サービス接遇社会にでて必要なサービス接遇力を学び、最終的にはサービス接遇の資格取得を目指した対策授業。
ファッションマーケティング 地域を捉えた情報収集のやり方・分析・活用する方法を学び、店舗運営の開発に繋がる知識を身に付ける。  
ストアマネジメント 将来必要なマネジメントスキル。店長としてスタッフをまとめ店舗運営する際のマネジメントと知識を学ぶ。  
ファッションショップ管理U 学びの総合的実践として、学生独自のショップ計画を企画・運営をシュミレーションする。品揃え計画・商品仕入れ・販売計画・売上げ・予算立て・販売トレーニングを学ぶ。  
イベントプロデュース 地元で開催されるmito☆ファッションショーに授業として参加する。ファッションコーディネートを学ぶと共にファッションスタイリストも学ぶ。それと。イベントの企画・運営にも関わる。  
ファッションショップデザイン ファッションショップの流通の場で商品の販売促進を目的して行われる商空間演出を実習を通して学ぶ。  
ファッション雑誌演習 ファッション雑誌を制作するうえで必要となるコーディネート力と雑誌を制作する上での撮影技術を学び表現技術を高める編集についても学ぶ。  
キャリアデザインV ファッションコーディネート力を学び身に付けたことを将来どう活かしていくかを確認し行動していく。

※業界に合わせた授業の展開の為、毎年10%〜20%の授業科目の変更があります。