何を学ぶの?ファッションコーディネート学科

在校生インタビュー

REAL voice

ファッション業界で活躍するための
授業は毎日面白いです!

 

井坂 佳代
ファッションコーディネート学科

高校生の時からファッションが好きで、いつも大好きな洋服に囲まれてキラキラしているアパレルショップの販売スタッフに憧れていました。私はやりたい事がいくつかあり、他分野の学校も考えましたが、一番やりたいことがファッションと分かってからはBUNKA一直線でした。姉もBUNKAに通っていますが、イベントや授業の話を聞いたり、体験入学会で模擬授業を体験したら、とても楽しくて自分にはこの学校が合っていると思い入学しました。私は昔から歴史が大の苦手でしたが、ファッションの歴史は本当に面白く、いろいろな発見があります。学んだあとは、アイテムの見方が変わり、知識が身についているなと実感できます。将来やりたい仕事は、アパレルショップの店長やファッション雑誌に関わる仕事、バイヤーなどたくさんありますが、ファッション業界で活躍したい!と思っています。

スタイリストを目指して
BUNKAに入学しました

 

照沼 佳奈子
ファッションコーディネート学科

スタイリストになりたいと思い、ファッションを学べる学校を探していました。東京の学校もいくつか考え、見学もしましたが、まずは家から通える学校で学びながらもっと具体的に将来について考えようと思い、BUNKAに進学しました。実践的な授業が多く、実際にスタイリングをしながら学ぶことでコツをつかめました。また、スタイリングのイメージを雑誌や写真に切り貼りしながらコラージュする作業はとても楽しいです。今は、学業と両立してアパレルショップでアルバイトもしています。お客様に似合う色や素材の話をする時など授業で学んだ知識が接客にも活かされ、仕事をするために必要なことをしっかり学べていると感じています。今もスタイリストになることを一番に考えていますが、自分の好きなことができ、自分の居場所もしっかりあるような企業で仕事をしたいと思っています。