何を学ぶの?ファッションコーディネート学科

講師&在校生インタビュー

飯村 信子イメージ

ファッションコーディネート学科 講師

PROFESSIONAL voice
飯村 信子(いいむらのぶこ)
インテリアデザイナー

ファッションの分野は人気もあり華やかな世界ではありますが、しっかりとした知識が必要です。

近年は、ブランディング力を大切にしてお客様のハートをつかむことが主流となっています。 常に新しい情報は必要ですが、最も重要なことはそのベースとなるコーディネート力です。 お客様は常に良いものを求めています。 それを提案できることが何よりも大切なことでしょう。

REAL voice

アパレル関係の仕事がしたくて
夢を叶える第一歩としてBunkaに入学

 

角田 明穂
ファッションコーディネート学科

私は昔からファッションや縫製が好きで小学生の時には授業で手縫いの大きなぬいぐるみを作って先生や友達を驚かせていました。もちろん洋服も大好きで、アパレルショップに行くと何時間もかけて服を選んでしまい親にはよく「早くして!」と怒られました。なので、一人でショップに行って1日を過ごすことも多かったです。
たくさんの服に囲まれて過ごす時間は、私にとってすごく幸せです。自分が選んだ服を、周りの人が「かわいい、お洒落」と褒めてくれる事も凄く嬉しいです。なので、将来はアパレル関係の仕事がしたくて、夢を叶える第一歩としてBunkaに入学しました。ファッションデザインやディスプレイの勉強は毎日とても楽しくこの道を選んで本当に良かったです。
将来は学校で学んだことを活かし、ファッションの仕事に就きたいです。

自分で作るからこそ価値がわかり、
見方も変わって関心が深くなりました

 

猿田 夏美
ファッションコーディネート学科

私は高校生の頃からファッションが好きで、将来はファッション関係の仕事に就きたいと考えていました。ファッション関係の仕事といっても具体的には決まっていなかったので、様々な分野が学べるBUNKAを志望し学校生活を送りながら自分のやりたいことを見つけようとこの学校に入学しました。
入学してから今まで学んできて様々な知識を身に付けました。ファッションの歴史やスタイリング、ネイルやメイク。WordやExcelなどパソコンを使用する授業も充実しています。そして、BUNKAでは実践的な授業が多く洋服はもちろん、アクセサリーなども制作します。自分で作るからこそアイテムの価値がわかり、見方も変わってファッションに対しての関心が深くなりました。
そして私は現在ブライダルに興味があるので、ウェディングプランナーとして活躍できるよう日々勉強に励んでいます。