何を学ぶの?インテリアデザイン学科

講師&在校生インタビュー

浅野 祐一郎

インテリアデザイン学科 講師

PROFESSIONAL voice
浅野 祐一郎(あさのゆういちろう)
浅野建築設計事務所 代表 一級建築士

誰もが使いやすい建物にする「ユニバーサルデザイン」。 様々な人に合わせた「バリアフリーの建物」。

充実した空間を設計するために建築の分野は企画・設計・現場管理・インテリアコーディネートなど、色々な事を考えなくてはならないクリエイティブな仕事だと思います。 今の時代、私たちに求められるものは「個性」「顧客満足度」「感性」などを、しっかりとしたかたちで表現できることです。 講義は、その力と情熱を備えた人を育てることを目的としています。 日頃の実務体験を活かし、リアルに生徒諸君に伝えようと努力しております。

REAL voice

デザインの授業は
学ぶことがたくさんあります。

白土 幹也

白土 幹也
インテリアデザイン学科

私はインテリアや建築の学べる専門学校に進学することを決めており、高校の先輩も多く進学している文化デザイナー学院に入学しました。入学の決め手になったは、型にとらわれない自由なデザインを学べそうだと思ったことでした。現在は、インテリアや建築の基礎知識から3DCADやプレゼンテーションなど表現技術についても学んでいます。その中でも一番学びたかったデザインの授業では、住宅を1件デザインしました。自分の考えを形にすることの難しさと楽しさを感じています。将来は、学んだことを生かし、業界で活躍できる人になっていきたいです。

インテリアコーディネーターに
なりたくてBunkaに入学しました。

大友 綾

大友 綾
インテリアデザイン学科

昔から家具を見ることや自分の理想の部屋を考えることが好きでした。将来は、インテリアや建築に関わる仕事に就きたいと思い、BUNKAに入学しました。入学当時はどんなことが学べるのだろうというワクワクと授業についていけるかという不安が入り交じっていました。しかし、講師の先生が丁寧に教えてくれるので、不安もなくなり、毎日楽しく学んでいます。BUNKAはほかの学校と比べ、先生と学生の距離が近いのでとても親しみやすいのもメリットでした。今後は、インテリアコーディネーターの資格を取得し、理想の空間を求めているお客様のお手伝いをすることが目標です。