何を学ぶの?広告プロモーションデザイン学科

講師&OB・OGインタビュー

道川 慎一イメージ

広告プロモーションデザイン学科 講師

PROFESSIONAL voice
道川 慎一(みちかわしんいち)
グラフィカ 代表 グラフィックデザイナー

私たちの身の回りにはさまざまな情報がいろいろな「ことば・色・カタチ」をしてあふれています。 グラフィックデザインはそれら多くの情報の中から、目的に合ったユーザーに対して的確に情報を伝えるための「アイデア」を必要とします。

私はいつも「どうしたら新鮮な情報を伝えられるか、興味を持ってもらえるか」を考えています。 そのために、日頃目や耳にする事柄に、好奇心のアンテナを一杯に広げることが大事です。 それがグラフィックデザイナーの宝物です。
文化デザイナー学院で学ばれるみなさんの「アイデア」の引き出しにはどんな宝物が増えていくのでしょうか。


REAL voice
 

茶園 みずき
グラフィックデザイナー
K5 ART DESIGN OFFICE

たまたまテレビCMでWEBデザイナーという仕事がある事を知り、漠然とした憧れをもってBUNKAに入りました。在学中に多面的に学べたおかげで考え方が変わり、もっと色々なデザインに触れてみたいと考えるようになりました。現在では紙媒体やWEB等のデザイン制作はもちろん、フリーペーパーの出版、音楽やクラフトのイベント等、仕事内容は想像した以上に多岐に渡ります。仕事を進める中でたくさんの人や物事に出会うことができ、吸収することが山ほどあって楽しいです。元々デザインは生活をより良くするためにあるもの。素敵でかっこいいものを作ることも魅力的ですが、もっと自分たちの身近なところを良くすることがデザインにはできるのでは、と思います。

 

神田 聖也
WEBデザイナー
株式会社 メディアクロス水戸

高校在学中に将来の夢を決められずに、自衛隊に入隊した私は、社会経験を通じデザイナーになりたいと思うようになり、BUNKAへの入学を決めました。学校での授業では、デザイン理論からドラマ制作、雑誌の取材、営業など様々な事を経験しました。これらの経験は、今でも私の支えになっています。 最終的には、学校からの紹介で面接の機会を得て、希望通りwebデザイナーとして勤務できる事になりました。技術やセンスよりも、積極性を評価されての面接合格だと私は感じています。仕事には、良いデザインを生む楽しさと葛藤、納期やコストなどの様々な制約もあります。支えてくれる上司や先輩の様に第一線で活躍できるデザイナーになるため、様々なものを見て、考え、デザイナーとして成長していきたいです。