何を学ぶの?広告プロモーションデザイン学科

広告プロモーションデザイン学科のシラバス

年次
授業科目
内容
前期
後期
1
デジタルイラストレーション Adobe Photoshopの基本操作を習得し、ビットマップ画像の概念や画像加工技術の基礎を学ぶ。
平面構成 グラフィックデザインの基礎となる2次元的な形態認識とレイアウト(配置)感覚、平面表現技法のトレーニング。
デザインコンセプトT デザインに必要な「考える」ことの手順や方法をトレーニングし、コンセプトの重要性を理解する。
デザイン発想 デザインの基礎となるものづくりに対する意識を高め、発想力を身に付ける。
ビジュアルデザイン 感性をトレーニングし、物事の構造を分析理解することで創作を導く考え方を学ぶび、表現する技術へと繋げる。
色彩理論 色彩心理に基づく科学的な配色計画の基礎知識、「カラーコーディネーター検定試験」対応授業。
レタリング 書体(デザインのための文字)の形態認識とレイアウト感覚のトレーニング・「レタリング技能検定」対応授業。
PCリテラシー 基本的なPCの操作や知識と共に、一般文書作成(Word・Excelなど)の基礎について学ぶ。
DTP演習 Adobe Illustratorの基本操作を習得し、印刷のプロセスを踏まえた紙媒体・印刷データの基礎知識を学ぶ。
デッサンT デッサンの基礎技術を身につけるとともに、物を見てその形態を認識する力を養う。
平面・立体構成 平面表現技法を発展させ、3次元的な形態認識と立体表現まで幅を広げた表現技法を学ぶ。
色彩理論特講 カラーコーディネーター検定試験3級合格に向けた特別講義。
デザインの配色計画 色彩理論や目的に基づく配色計画を様々なデザインに応用することを実践的に学ぶ。
キャリアデザインT 自己のアイデンティティを再確認し、将来の専門分野での適性を考える特別年間プログラム。
ポートフォリオ クオリティーの高い作品制作を目指し、作品集を整備する事で就職を勝ちとる。
2
文章構成 自分の考えを論理的にまとめ、説得力のあるプレゼンテーションなどができる文章力を身につける。
デザインコンセプトU デザイン表現全体の基本となるコンセプト(考え方)と発想法を学び、プレゼンテーションまで実践的に学ぶ。
写真・雑誌構成 グループ制作による雑誌媒体のコンセプトワークや制作のプロセスを通して、雑誌の運営全体を捉える。
DTP演習応用 デザインワークに必要な基礎知識・基本的なレイアウトを中心に、デザイン作業の流れをトレーニングする。
写真構成 グラフィックデザインで重要な要素となる写真についての基本をマスターし、撮影から加工技術まで習得する。
デザインスタイル演習 デザイン史におけるデザインの源流に触れ、演習を通して構成力・発想力をつける。
デッサンU より高いデッサン力を身につけると共に、構図やレイアウトなどデザインを意識した応用デッサンを学ぶ。
グラフィックデザインU 写真やコピーなど様々な素材を融合させたイメージを、コンセプトに基づいてグラフィックデザインとして完成させる。
WEBレイアウト Webページ制作に必要なHTMLレイアウトや基礎知識と、効果的な表現方法を学ぶ。
コピーライティング デザインのプロセスを考えながらものごとの本質を捉え、訴求力のあるコピーを導き出す手法を学ぶ。
キャリアデザインU 社会の中でのアイデンティティを再発見し、将来の専門分野での進路への手がかりを得る。
ポートフォリオ クオリティーの高い作品制作を目指し、作品集を整備する事で就職を勝ちとる。
3
セールスプロモーション 企業の経営を意識した形で企画を練り、販売を促進させる具体物としてのデザインを考える。
広告イラストレーション 表現力の応用として、クライアントを意識し訴求力のある広報を可能にするイラストレーションを考える。
デザインコンセプトV メディアの特性を理解し、ユニット形式で調査・分析・提案というプロセスを実践することで、企画力と人間力を高める。
映像・アニメーション 映像・アニメーションの原理・技術を学び、Webに応用できるコンテンツ制作技術を身に付ける。
グラフィックデザイン実践 デザインのプロセスを踏み、企画と表現が訴求力を持つグラフィックデザインの研究と、得意とする表現方法を研究する。
DTP演習実践 Adobe Indesignの基本操作を習得し、DTPに必要な製版知識を学ぶ。
WEBデザイン 基本的なページ構成の知識とWebの特性を理解したうえで、ビジュアル化された企画書作成・提案ができる力をつける。
WEBコンテンツ Webで使用されるFlashやDreamweaverの技法を学ぶ。
キャリアデザインV 社会人としての意識やマナーを身に付け、デザイナーとしての将来計画を考える。