文化デザイナー学院
広告デザイナー 甲高美徳
人のために作り出すデザイン
ポスターやパッケージのデザインを通して「わかりやすい」媒体や「使いやすい」商品をつくりだし、快適な生活を提案するプロの仕掛人「価値観創造人間」。
甲高美徳が考える『広告デザイナー』の仕事とは

仕事は雑誌の発行や企業のパンフレット、ポスター、販促パッケージデザイン、ロゴマークの作成デザイン全般をやっています。この仕事の面白いところは、「提案の仕方、打ち出し方によって印象が全然違って見えてくる」点。今までの会社やお店の見せ方を変えていくことで、新しい価値感に出会っていく過程が面白いところだと思います。新しい提案があるからこそ、喜んでもらえるのだと思ってます。

「楽しむ」ことが大事

スタッフとのコミュニケーションも大事です。定期的に発刊する雑誌のレイアウトや取材、特集ページの企画など様々なシーンをチームワークでのりきってます。毎年雑誌にからんだイベントも行っており、ギャラリーやイベント会場の運営も手分けしておこなっております。どちらにしても大事なのは、楽しむこと。デザインにしてもイベントにしても、お客さんと一緒に「楽しんでしまうこと」が大事なんだと思います。
デザインはコンセプト(考え方)が大事で、広告にしろ雑誌にしろ、コンセプトを煮つめてから作業にあたります。それからでないと、色々なシーンでのブレが生じ、いいものが作れません。(苦笑)
必要な時にミーティングを開き、考えた方の確認をするわけですが、確かに食い違う事もあります。でも、色々な考え方が混ざり合って最終的に形になったとき、良いものが出来上がってくる。だから、違う価値観を一つにまとめていく楽しさがありますね。

   

デザインが出来上がった後の達成感、お客様に好評だったときは格別です。もちろん、楽しいだけじゃ仕事は勤まりません。イベントや季節に合わせたクライアント(お客様)への提案や制作後のフォローもかかせません。

 

コンピュータはかかせません。印刷物も含めほとんどコンピュータは必需品になります。人材として求められるのは、デザインの基礎を土台にしてまとめられる人や、アイディアがでる人でしょうか。

 

自分の仕事はデザイン作業はスタッフに任せて、ディレクター業(まとめ役)の役割が多くなっていますね。一緒に仕事をしている人も多く、カメラマンや印刷関係者との打ち合わせは頻繁です。

広告デザイナーを目指す方へ

ぜひ自分の興味のあることを増やしてみてください。「好奇心」や「チャレンジ」というのがKEYワードでしょうか。ぜひ、学生のうちに「本気で遊ぶ」ことをお勧めします。それが、やがて仕事するようになってから大事な血や肉になってくるでしょう。

BUNKAの講師もやっています。3年生の時はグループできちんと発刊する雑誌を制作します。

甲高 美徳
1973年福島県出身
水戸市内広告代理店を退社後、K5 ART DESIGN OFFICE.設立
デザインユニット「GiGEN GRAPHICS」を結成するなど活躍は多岐に渡る
プロの仕事

空間デザイナー 石井 邦明 広告デザイナー 甲高 美徳 メディアデザイナー 田口 一寿 ショップ&インテリアデザイナー 蛭田 和明

インテリア販売スタッフ 田口 善之 インテリアコーディネーター 佐藤 彩 グラフィックデザイナー 竹越 萠野 WEBデザイナー 石川 友愛

グラフィックデザイナー 飯島 夏希 企画・広報 服部 哲郎 ファッションコーディネーター 小沼 しのぶ ショップコーディネーター 青木 唯

店舗管理 渡邊 千晶 アパレル販売員 三河悠紀 アパレル販売員 伊藤 理香

トップにもどる