文化デザイナー学院
空間デザイナー 石井邦明
心地よい空間をつくり出す家やお店のデザイナー
住空間や商店建築などの空間に「快適性」や「安心感」を与える仕事。
空間で過ごす「幸せな時間」を制御するプロの「幸せ配達人」。
石井邦明が考える『空間デザイナー』の仕事とは

自分にとって、空間の面白さとは、人や生活を意識したとき、そこに「居心地」や「安心感」というあいまいな「感情」みたいなものが存在することです。同時に店舗・住宅の設計にしても、自分が関わっている仕事がどう人に影響を与えているかが気になります。
住宅でいえば「一生その家で過ごすのだから、快適な気持ちで住んでもらいたい」。当然ですが純粋にそう思います。

快適な空間をつくる

オーナーに自分のイメージを始めて見せる時は、やはりいつもドキドキします。
仕事のプロセスのなかで必ずプレゼンテーション(オーナーへの制作説明)をしますが、立体CADや手描きのパースを使い、イメージが伝わりやすくなるように工夫します。 デザインの仕事は「相手の事を考えて、そのイメージを実現してあげること」と考えています。
店のオーナーさんが「快適な空間」にしたい気持ちと同じぐらい(それ以上)の気持ちが最終的な仕上がりに影響していると思います。
完成したときの喜びはやはりいいものです。
お店だったらオープンに向けて動いていくわけですが、いちスタッフのような気持ちです。いやスタッフ以上に店側の人間であるわけです。オープン後もいろいろ相談にのりたいし、たくさんのお客さんに来てもらいたい。それを願ってます。

   

最初のイメージは手描きのパース(完成予想図)です。コンピューターグラフィックによる「リアルさ」と、手描きによる「温かさ」で、形のない「イメージ」をより正確にクライアントに伝えることができます。

 

空間に携わる仕事は、覚えなければならない技術はたくさんありますが、それだけの深みがあります。「情熱」は学んだり、仕事をしているうちに出てくるもので、好奇心がどんどん湧いてきます。

 

自分の仕事場が「遊び場」でもあり、「無限の可能性」は自分の手の中にあります。「つくる」楽しさは子供の積み木の延長線上です。プラモデルやゲームに没頭している子供と同じなんです。

空間デザイナーを目指す方へ

学生の皆さんに伝えたいことは、たくさんの「良いもの」をみてもらいたい。ということ。「見る」というより「気づく」ことでもあり、たくさん見ることによって、それが制作するときに引き出されます。そして、「良さ」が分かるようになります。「良さ」とは「居心地」であり「安心」であるわけです。

石井 邦明
1969年水戸市生まれ
八木木材産業(株)を経て、
石井邦明デザイン事務所設立。
現在は、一級建築士事務所
エスケイ企画所属。
文化デザイナー学院講師
一級建築士

取材協力:CAFE DINER ROOM
www.cd-room.net
プロの仕事

空間デザイナー 石井 邦明 広告デザイナー 甲高 美徳 メディアデザイナー 田口 一寿 ショップ&インテリアデザイナー 蛭田 和明

インテリア販売スタッフ 田口 善之 インテリアコーディネーター 佐藤 彩 グラフィックデザイナー 竹越 萠野 WEBデザイナー 石川 友愛

グラフィックデザイナー 飯島 夏希 企画・広報 服部 哲郎 ファッションコーディネーター 小沼 しのぶ ショップコーディネーター 青木 唯

店舗管理 渡邊 千晶 アパレル販売員 三河悠紀 アパレル販売員 伊藤 理香

トップにもどる