文化デザイナー学院


CASE.10 根本 香奈恵   根本 香奈恵・フローチャート

“好きなことを仕事に”への第一歩

根本 香奈恵 広告プロモーションデザイン学科 平成26年度入学

高校時代は勉強一筋で、卒業後は都内の大学に進学しました。デザインとは全く関係のない分野の勉強をしていましたが、大学で勉強をしていくうちに、この勉強は将来に繋がるのか、そもそも自分は将来何になりたいのかを考えるようになりました。

そんな中昔から興味があったデザインの分野について調べているうちにBunkaを見つけました。基礎的なソフトフェアの使い方から、自ら企画したものを形にしていく実践的な授業まであることを知り、最初は美術系の大学へ再度受験を考えていましたが、大学よりも短い三年間で学べるBunkaに進路を変えました。

入学後は年下の子たちと仲良くやっていけるか不安でしたが、今では頼り頼られの良い関係が築けています。大学とは違って、全ての授業で先生との距離が近い点も魅力のひとつです。質問があればすぐに講師の先生に聞くことができ、多くのアドバイスをもらうことができます。なかなかOKが出ないこともありますが、自分が納得のいく作品ができたときの達成感は大きいです。1年次の修了制作では金賞を取ることができ、カラーコーディネーター検定やIllustrator、Photoshopのソフトウェアを扱う検定にも合格して自分の自信にも繋がりました。
  将来はグラフィックデザイナーとして働き、人々の目に留まるロゴや企画を作りたいと考えています。その為に、今は課題を120%の完成度で提出することをモットーに頑張っています。
学校生活風景

  BACK