文化デザイナー学院


CASE.08 加倉井 慎也   加倉井 慎也・フローチャート

モノづくりが好き!を仕事に活かしたい

加倉井 慎也 インテリアデザイン学科 平成26年度入学

 私は高校時代土木科に在籍していたこともあり、卒業時に就職する道を選びました。今思うと深く考えずに進路を決めてしまったかもしれません。仕事に慣れていくうちにだんだんとモノづくりの楽しさに気づき、立体的なモノづくりに関わる建築を学んでみたい、やってみたいと感じるようになりました。

そこで、建築の分野で仕事をする上では資格や専門的な知識が必要だと思い、仕事を辞めて専門学校に通うことを決めました。それが「建築を知る近道」だと考えたからです。
学校を選ぶ上では、専門知識はもちろん「デザイン」を学べることを重視しました。Bunkaは資格はもちろん、しっかりとデザインを学べる点で得られるものが大きいと感じ入学を決めました。

実際に入学してみると、少人数制の授業で講師と直接話せる機会が多く、分からないことも質問しながら進めていくことができて充実した毎日を過ごしています。

クラスも個性豊かな仲間が多く、建築・インテリアが好き!という気持ちがあるので年齢や男女の隔たりなく切磋琢磨しています。課題は大変ですが、その分得られる達成感も大きいです。
  今の目標は2級建築士の資格取得です。資格とBunkaで学んだデザイン力を活かし、建築デザイナーとしてお客様を想う気持ちを大切にやりがいを持って働きたいと思っています。
学校生活風景

  BACK